05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.06.23 (Fri)

そうめん

昨日から私にとって思い出深いランチって何だろうと考えてみた

すると思いだしましたよ!
もう30年近く前のこと、1カ月も長期入院して、晴れて退院許可が下り
自宅に戻って来た時のこと

同居の義母が、そうめんを茹で、てんぷらを作って待っていてくれた
真夏の暑い日、冷たく冷やしたそうめんとアツアツのてんぷらが
当日のメニューだった
そうめんとつゆはのど越しに冷たくて、熱い揚げたてのてんぷらと食べると
生き返った気がした

付け合わせに、ナスを茹でて、縦に切りさっと水切りしたのも出してくれた
色は少々悪いものの、微妙な食感が冷えたつゆに合い、箸が進んだ

入院中は麺類が殆ど出ず、味も薄めで、日ごろの大食漢の私も全く食欲がなく
食べることが第一の生活信条なのに、食べ物の存在を忘れて居た

入院中に筋力が落ち、やっとの思いで帰宅したフラフラの体にこのサプライズは
本当に嬉しかった
留守中、思春期で難しい年頃の子供達の面倒をずっと見てくれて、その日は
好物の麺類を用意し、待ってくれていた義母

こうした細かく優しい心使いが何度もあったからこそ、義母の晩年も
殆ど悔いなく最後を看取れたのだと思う

そうか、私の「思い出ランチ」は、そうめんだった
これから暑い夏が来る
今まで気にも留めなかったそうめんの存在に、この夏からゆでて食べる時に
きっとこのエピソードを思い出すことだろう

スポンサーサイト
06:08  |  食生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.22 (Thu)

思い出ランチ

一人で昼御飯を食べて居る時、手持無沙汰でテレビを何気なく流していた

その時、「サラメシ」と言う番組に目がとまった
働く人々、特にサラリーマンが主だが、ランチがどんななのかを
訪ねて撮影している
お昼ごはんと働く人をつなぐストーリーが食事風景と共に流れる
つかの間の食事時間内に御弁当や手作り賄い食など、その出来栄えや味など
仔細に説明がある
職場の団結や苦労話が花を添え、人情味あふれて、ほろりとさせられる

その中で街角の人に聞いて回る(思い出ランチ)コーナーがあった
今日は、コンビニ弁当が冷たくてご飯が固まってしまう毎日の昼食だったが
わずかな休憩時間にその冷たいお弁当を食べたのが思い出に残っている
辛い職場でも、冷たいお弁当でも、そのお昼時間だけが楽しみで
通い続けられたと青年は言っていた

食事とは味覚や栄養やだけでなく、その場の雰囲気が思い出を
左右するのかもしれない

さて、私にとっての(思い出ランチ)って何だろうと考え込んでしまった
とっさに思い浮かばないのは、感動も大した思い出も無いからなのだろうか?
そんなことはないと、今までの昼食を思い起こしてみよう・・・
そんな気になった番組だった

17:10  |  食生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.21 (Wed)

子育て支援

県や市の子育て支援に首を突っ込んでもう10年以上になるだろうか?
発足当時からなのでずいぶん活動してきた気がする
ボランティアだから、気がラクと言えば聞こえはいいが、子供が主体なので
責任は重い

心身ともに成長期の子どもたちとの出会いは楽しいだけでなく、病児保育の
お手伝いは体調管理もあり神経を最大限使う
我が子が病気の時にも仕事が休めない母親の気持ちと、緊急で初めて会う人に
預けられる病児の心細い気持ちの両方を思えば、無事預かり保育が終わると
疲れがドッと来る
でも、母親に感謝され、病児に懐かれると、こんな私でも役に立てたんだと感じられ
この支援をやって良かったと思う

活動を通して感じたのだが、子育てに悩んでいる母親が多い
育児体験の未熟、子育て不安が大きい中、身近に助言や手助けしてくれる人が
居ない環境で、毎日に追われながらも懸命に彼女たちは生きて居る

ホッと一息つける時間をあげたいと思うし、時々、話を聞いてあげるだけで
良いのがよく分かる
誰でも最初は新米ママだったし、孤立感が不安をあおる
その時、せめて彼女たちが個別で本心が語れる場として、この子育て支援を
これからも続けたいと思っている
08:51  |  雑感  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.20 (Tue)

発言の難しさ

会議や打ち合わせに出席すれば、つい発言してしまう
きっかけはある企業のモニターになった事だ
初顔合わせの時に、みな我先に待ってましたとばかりに、提言、注文、苦情を
矢継ぎ早に発言する
その場の雰囲気に呑まれて何も言えなかった私はモニター失格者だ
企業主に申し訳ない気持ちを引きづり帰宅した

そんな経験を積んで、企業や行政側が何を欲しているか考え、意見を
表現するためにアンテナをめぐらすようになった
その癖がつくと発言力は日増しに増えた


現在の私を知る人たちは、想像できないかもしれないが、昔は無口な少女だった
言いたいことの半分も言えなかった
今は、言わなくてもいいことまで言ってしまって後悔する
家族には面と向かって(仕切りや)だと言われる

それでも、黙っていて後悔はしたくない
論理立てて相手を説得する話し方は難しい
思い込みもあるし、思慮を欠くこともある
単なるおしゃべり好きでは避けて通れない道だ
まずは人の話を良く聞くところから始めたい

09:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06.19 (Mon)

連れ合いの料理好き

連れ合いは食べ物の好き嫌いが多かった
食事を作るのも、この材料しか使えないとの制約が多くて新婚時代は
四苦八苦した

それが、勤務先で食事当番が回ってきて多人数の食事を作るには
時間、費用、味覚など考えたら、自分の好みを取り入れることなど出来ない
いつしか、ベテランとなり、料理が苦手な同僚と食事当番の時は
交代するほどまでになった

得意な料理はその当時、(鯵のから揚げ甘酢あんかけ)
これは同僚たちに絶賛を浴びて何度もリクエストがあったと言う

今では毎週金曜日、そば打ち道場に行ってそばを打ってくる
NHKの料理教室のテキストと首ったけで、録画を取っておくほど熱心である
知人を呼んで手料理をふるまうときの連れ合いの顔は幸せに満ち溢れている

友人たちは、「夫は料理がからっきし駄目で・・・」とよく言う
そこへ行くと、私は上げ膳、据え膳の待遇に預かれて病に伏しても
先に逝っても心配は全くない

現に、連れ合いを残して旅に行っても、食事の心配は全くいらない
それどころか、
「そんな少ない日数なの?もっとゆっくりしてくれば」と言う
最初はやせ我慢かと思っていたが、本心からそう思っているようで
私は嬉しいような寂しいような複雑な心境だ
05:50  |  食生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>